物質構造科学専攻 > アドミッションポリシー(物質構造科学専攻)

アドミッションポリシー(物質構造科学専攻)

本専攻が育成しようとしている人材

物質構造科学専攻は、放射光・中性子・ミュオン等、粒子加速器から発生する 量子ビームを用いて行う物質構造科学の研究において、将来その実験的・理論的研究の最先端を担い、この研究分野の発展に貢献しうる優秀な人材を養成する事を主な目的とする。上記量子ビームと物質との相互作用に関する学理を基礎とし、生命体を含めた物質構造科学について広い視野から教育・研究指導を行う。また、量子ビーム発生の原理とその装置、ビームの回折・散乱・分光の原理とその装置、量子ビーム検出の原理とその装置について、教育と開発研究の指導を行う。これらの教育・指導を通して、量子ビームを用いた物質構造科学は元より、関連する科学の諸分野を将来発展させる能力を有する人材を養成する。

求める学生像

物質構造科学専攻に入学を希望される方には、次の2点を要望します。

  1. 生命体を含めた物質科学の基礎的知識、および英語に関する十分な学力を備えていること。
  2. 高度な研究を遂行するために必要な資質である客観性、積極性、弛まぬ学習意欲、等を十分備えていること。

教育の特色

物質構造科学専攻の基盤機関である高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所は、放射光・中性子・ミュオン・陽電子、という4種の量子ビームを発生させる加速器を擁する、他に全く例のない特色ある研究所であり、この分野では、わが国のみならず世界的にも卓越した研究拠点であります。本専攻は、この恵まれた研究環境を最大限に活用し、第一線の研究を行う現場に於いて、物質構造科学の新しい地平を切り開く国際性豊かな教育と研究を推進しております。この分野の最先端の研究に従事する多くの教員による充実したカリキュラムを提供し、また、生命体を含めた物質構造科学における多彩な研究テーマの設定に十分対応できる体制を整えております。