物質構造科学のご案内
高エネルギー加速器科学研究科・物質構造科学専攻では、先端的加速器から得られる放射光、中性子、ミュオンなどの量子ビームを利用した最先端の科学研究を行っています。その分野は物理学や、化学をはじめ、ナノテクノロジー、生命科学、医学応用、環境科学、地球物理学などの極めて広範囲かつ最先端の研究分野において、物質の構造と機能解明という基礎的・先端的研究を切り拓いています。また量子ビームの発生・利用技術の一層の高度化の研究を進めることにより、物質科学の新たなフロンティアの開拓に寄与することを目指しています。総合研究大学院の博士課程(5年一貫あるいは後期3年)の学生は、これらの最先端の研究現場で教育・研究指導を受けると共に、未来の研究の担い手としての成長が期待されています。
おしらせ
2014/1/17 高エネルギー加速器科学研究科では、3/8(土)13:00から日本教育会館(東京都千代田区)で大学院説明会を開催します。
2013/10/8 総研大創立25周年記念事業「はじまり」シンポジウム(11/25,26;葉山)の参加申込を受け付けています[10/21締切]。
2013/7/19 総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科では、5年一貫制博士課程および博士後期課程の学生を募集しています[願書受付7/19〜7/25]。詳しいことは学生募集の概要をご覧ください。
2013/6/11 2013年10月入学および2014年4月入学学生募集概要
2013/5/1 2013年度大学院説明会を開催いたします。
お問い合わせ先
高エネルギー加速器研究機構
〒305-0801 茨城県つくば市大穂1-1
研究協力課大学院教育係 TEL:029-864-5128
物構研事務室 TEL:029-864-5602
KEK総合研究大学院大学ホームページ

*このページについてのお問い合わせはpf-office@pfiqst.kek.jpまでお願いします。