総研大物質構造科学専攻

当専攻の特色

  1. 最先端の研究が実際に行われている現場ならではの研究教育環境。
  2. 幅広い研究分野をカバーするKEKのスタッフによる懇切丁寧な指導。
  3. 新進気鋭の若手研究者が、ポスドクとして多数在籍。
  4. 外国人研究者との活発な国際交流。
  5. セミナーや文献紹介など、充実したアクティビティー。
  6. 次世代を担う人材を輩出。

物質構造科学専攻のアドミッションポリシー


総合研究大学院大学(総研大)は、1988年に国立大学(現在は国立大学法人)として創立された大学院だけの大学です。各専攻は、それぞれの基盤研究機関に直結して設置されており、学術研究の新しい流れに先導的に対応できる、視野の広い創造性豊かな研究者を養成することを目指しています。このため通常の大学に付随した大学院とは異なる様々なメリットがあります。

物質構造科学専攻では、先端的加速器から得られる放射光、中性子、ミュオンなどの量子ビームを利用した最先端の科学研究を行っています。その分野は物理学や、化学をはじめ、ナノテクノロジー、生命科学、医学応用、環境科学、地球物理学などの極めて広範囲かつ最先端の研究分野において、物質の構造と機能解明という基礎的・先端的研究を切り拓いています。また量子ビームの発生・利用技術の一層の高度化の研究を進めることにより、物質化学の新たなフロンティアの開拓に寄与することを目指しています。

総合研究大学院の博士課程(5年一貫あるいは後期3年)の学生は、これらの最先端の研究現場で教育・研究指導を受けると共に、未来の研究の担い手としての成長が期待されています。