-->


第6回TOP
参加申込
プログラム
会場アクセス


対称性・群論
トップページ


主催

日本結晶学会

共催


物質構造科学専攻




協賛

日本中性子科学会

数理結晶学

 第6回対称性・群論トレーニングコースは5日間の講義を終了しました。参加者の皆様、お疲れ様でした。

 講義に追われた日々ではありましたが、参加者同士のふれあい、交流も随所で見られ、和気藹々とした雰囲気の中で終了することができました。

 また、今回は結晶学会より、清谷多美子先生(昭和薬科大学)、 中塚晃彦先生(山口大学)がサポートとして駆けつけて下さいました。講義中のスナップ撮影からコーヒーコーナの準備、参加者に代わって講師に質問していただくなど、大変ご尽力いただきました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。

 最後に、今回もこのトレーニングコースの参加者を1人でご指導下さった講師のMassimo Nespolo氏に感謝と敬意を表します。

実行委員一同

 

 趣 旨

 結晶学は構造科学研究の柱であるにもかかわらず、研究分野の細分化や解析ツールの進化に伴いブラックボックス化しているところがあります。本トレーニングコースでは、「空間群や対称性と結晶構造の関係がピンとこない」、「構造解析の後にもう一歩議論を深めたい」と日頃お感じの方々に、結晶学と直結する対称性や群論の知識を学んでいただくことを目的とし、結晶学で重要な根本原理と幾何学との関係を軸に、講義と演習を繰り返しながら進行します。

※本コースは総研大の公開講義( 他大学開放科目 )でもあります。
単位取得(2単位)を希望する総研大生は、総研大からの案内をご確認下さい。
単位取得を希望する総研大以外の学生は、事前に総研大学融合推進事務室総務係(cpis-office@ml.soken.ac.jp)宛にご連絡下さい。必要となる手続 きをご案内させていただきます。

 

 主催・共催・協賛                          

主催: 日本結晶学会、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所
   
共催: 総合研究大学院大学(SOKENDAI)  高エネルギー加速器科学研究科・
物質構造科学専攻
   
協賛: 日本中性子科学会、国際結晶学連合数理結晶学委員会、
  日本放射光学会、 日本化学会、 日本鉄鋼協会、日本物理学会、
  日本顕微鏡学会、日本金属学会、日本鉱物科学会
  日本分析化学会


 日時・場所                            

 日時:2017年7月31日(月)〜8月4日(金) 
    (7月30日(日)16時頃から希望者のみKEKサイトツアー実施予定)

 場所:高エネルギー加速器研究機構 研究本館 会議室1
     (茨城県つくば市大穂1-1)

 参加資格

 参加資格は基礎行列代数学(行列式の計算ができるレベル) の知識があること。
 研究歴や年齢は不問。

 参加費

 参加費は無料です。
 交通費、宿泊、食事にかかる費用は自己負担 となります。

 ※旅費の取得が困難な学生の方を対象に、総合研究大学院大学
   高エネルギー加速器科学研究科・物質構造科学専攻より
   旅費の補助があります(詳細は参加申込ページ参照)。

 参加申込開始・締切・定員                     

 参加申込開始:2017年6月20日(火)10時〜

 参加申込締め切り:2017年6月28日(水)15時

   ※応募多数の場合は締切前に募集を終了することもあります。
     また、その際にはこちらで参加希望者の調整をさせて頂く場合があります。
    
   ※定員に達したため、参加申込を締め切りました。
     ご応募ありがとうございました。6/21(水)14:34

 定員:約35名